横浜(港北ニュータウン)で働く超熱血ドクターMの日記(横浜市 都筑区 松井クリニック 整形外科・形成・美容外科・内科・小児科・皮膚科)

院長の本音が聞けます!
ジャンルに関係なく日々診療等で感じたことを思いのまま
医師の意見としてではなく一個人として日記風に綴っていこうと思います。
何か共感出来るご意見等あればどんどんコメントして下さいね。

(携帯電話やスマートフォンでもご覧になれます!)
但し、診療や業務上のご質問やお問い合わせには一切お答えしませんし、
否定的なコメントはすべて削除しますのでご了承下さいね。

当クリニックは、横浜市都筑区港北ニュータウンのクリニックです。
小児一般の診療からお年寄りまで、内科・小児科・皮膚科
および外科系の診療が同時に受けることができます。
(土曜日も午後5時まで診療致しております。)

アンチエイジングはもちろん
最先端の脱毛や美肌治療,プラセンタ,ニンニク注射等も可能です。

当院で働きながらきれいになっていきませんか?
現在よく働きよく遊びたい??熱血美女軍団
(受付及び医療事務,正・准看護師)大募集中です!!
PROFILE
超熱血ドクターM
profilephoto
「ジャンルに関係なく日々診療等で感じたことを、思いのまま医師の意見としてではなく、一個人として日記風に綴っていこうと思います。」
とは言いつつも、今日もアドレナリンいっぱいの「情熱」発信系のブログを書きたい私、超熱血ドクターMです。
みなさん今日も頑張りましょうね!
 
MOBILE
QRコード
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
人気ブログランキング紹介
口コミ 紹介
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS
<< 「雑感」(2016年4月16日の超熱血ドクターM) | main | 「emiスキンクリニック松濤の内覧会へ」(開院おめでとう!!…。) >>
「すべてに気を遣い死ぬほど疲れる二診三診体制?…。」
 昨日の「超熱血土曜外来」も気付いてみれば、午後5時超熱血診療終了時までに170人を超える患者さんが来院されておりました。(それゆえ診療後はまさに心身ともに疲労困憊でありました…。)
 
とは言いつつも、午前も午後の外来もほぼ診療時間通りに終了するのが、我がMクリの特徴でありますが、もともと私超熱血ドクターM自身の診察自体が早いのと、診療時間の多くの時間帯を二診体制にしている、いやさせられている?のがほぼ時間通りに終わる秘密かもしれません…。(笑)
 
もともと私がMクリを2,000年5月に完全リニューアル開業した頃は、先代院長であった亡き父と当時副院長であった私の完全なる二診体制でありましたが、2,005年頃に父が引退してからは、そんな父が診療に使っていた第一診察室はその後レーザー脱毛等の美容施術に使用したり、点滴静注をおこなう際などに使用しておりました。
 
現在でも「超熱血木曜外来」で全健先生による「生活習慣病」外来で使用している以外は、そんな用途で使用しておりますが、それ以外の時間は日々の「超熱血外来」に使用しております。
 
もっともいきなりそんなことを書いても、Mクリかかりつけ患者さん以外にはちっともわからないお話でありますが、要はなるべく患者さんをお待たせしないように、私自身が第一診察室と第二診察室を行ったり来たりしながら、2つの診察室をフルに活用して超熱血診療をおこなっているのです。
 
それゆえ患者さんにアンケートを取ると、「待合室に沢山の患者さんが待っている割には待たされない。」とか「診療が大変スピーディー。」等の声をよく耳にしますが、実はこんなからくりがあるのです。(決して手を抜いてテキトーに診ているわけではありませんから…。(笑笑))
 
さらに外科系処置の患者さんが増えてくると、隣のリハビリテーション室のベットまでさらにフル活用して、まさに三診体制になることも多々ありますが、これってやる方は死ぬほど疲れるんだなあ…。(まさに「すべてに気を遣い死ぬほど疲れる二診三診体制?…。」であります。(苦笑))
 
もっともそんな二診三診体制もポテンシャルの高い「熱血美女軍団」のサポートがあるからこそこなせるわけで、もちろん感謝はしておりますが、
 
そんな死ぬほど疲れる二診三診体制にする際も、優しく声を掛けてくれる「熱血美女軍団」が大半でありますが、私が心身ともにどんなにつらくても問答無用で二診三診体制されちゃう場合も稀にありますから…。(もっともそれは今に始まったことではありませんが…。でもそんな時は一言優しく声くらい掛けて欲しいなあ…。だってまず断ることはないんだからさあ…。(笑笑笑))
 
それゆえそんな二診三診体制の際は、まさに左眼で患者さんのお顔と時計を、さらに右眼でカルテの山と「熱血美女軍団」の顔色を常に伺い、すべてに気を遣いながら、まさに超熱血診療をおこなう訳でありますが、まあそんな時間帯はまさにアドレナリンが全身を駆け巡っておりますから…。
 
(でもそんな多くの「熱血美女軍団」たちも言われます。「先生、こんな先生自らがが走り回る病院見たことありません!…。」。でもだから患者さんの待ち時間も最小限で時間通りに終わるし、残業もまずないでしょ!!…。
 
だいたい一日200人前後の患者さんの超熱血診療をしていれば、普通は昼休みも一切なく、夜も間違いなく午後11時コースでありますから…。それゆえそんな超熱血院長の心遣いも、わかってくれるスタッフにはきっとわかってもらえていると信じておりますが…。(笑笑笑))  
でもそんな訳で昨日の「超熱血土曜外来」も途中からずっと二診三診体制で、まさにトイレに行く時間もありませんでしたが、そんな「死ぬほど疲れる二診三診体制?…。」に充実感と達成感を覚えつつも、やっぱり最近は結構つらい超熱血ドクターMでした。
 
(でもそんな診療体制で一日200人前後の患者さんの超熱血診療、いったいいつまで続けられるのかなあ…。でもそんなうちが人生まさに華かもしれません…。(笑笑笑笑))
 
 


PS.当院はみなさんご存じの如く、診療科が多岐に渡り、急患も多く、なかなか予約診療を取り入れられず、患者さまにはご迷惑をかけているのが現状でありますが、一部予約診療も可能であります。是非ご利用くださいませ。(当院のオフィシャルサイト美容皮膚科・美容外科サイトにバナーを貼ってあります。)

それゆえ当院受診時にこの優先診察券を取得したい場合は、下記のバナーをクリックして頂き、〇間帯を選んで発行(無料)  ⊆診するだけでとっても簡便でありますが、

 
以前にもアナウンスしたように、東京ディズニーランドやディズニーシーのファストパスと同様で、あくまでも優先診療で決して予約診療ではありませんのでご注意くださいませ。(さらには毎週木曜日の全健先生の「生活習慣病」外来のご予約は出来ませんので、ご注意くださいませ。)
 

 

 

 



 

| 仕事 | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matsui-clinic.jugem.jp/trackback/3674
トラックバック