横浜(港北ニュータウン)で働く超熱血ドクターMの日記(横浜市 都筑区 松井クリニック 整形外科・形成・美容外科・内科・小児科・皮膚科)

 院長の本音が聞けます!
ジャンルに関係なく日々診療等で感じたことを思いのまま
医師の意見としてではなく一個人として日記風に綴っていこうと思います。

何か共感出来るご意見等あればどんどんコメントして下さいね。
(携帯電話やスマートフォンでもご覧になれます!)

但し、診療や業務上のご質問やお問い合わせには一切お答えしませんし、
否定的なコメントはすべて削除しますのでご了承下さいね。

当クリニックは、横浜市都筑区港北ニュータウンのクリニックです。

小児一般の診療からお年寄りまで、内科・小児科・皮膚科
から外科系一般の診療が同時に受けることができます。
(土曜日も午後5時まで診療致しております。)

アンチエイジングはもちろん最先端の脱毛や美肌治療,
プラセンタ,ニンニク注射等も可能です。

当院で働きながらきれいになっていきませんか?
現在よく働きよく遊びたい??「熱血美女軍団」
(受付及び医療事務,正・准看護師)大募集中です!!
PROFILE
超熱血ドクターM
profilephoto
「ジャンルに関係なく日々診療等で感じたことを、思いのまま医師の意見としてではなく、一個人として日記風に綴っていこうと思います。」
とは言いつつも、今日もアドレナリンいっぱいの「情熱」発信系のブログを書きたい私、超熱血ドクターMです。
みなさん今日も頑張りましょうね!
 
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
人気ブログランキング紹介
口コミ 紹介
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS
<< 「それにしても先生はホント年齢不詳ですねえ…。」(いつまでも心身ともに年齢不詳でありたい!?…。) | main | 「いつまでもキレッキレのクラッシュデニムを履きこなせる男でいたいです…。」 >>
「「顔のほくろ」を取りたい!」(横浜市都筑区 松井クリニック 皮膚科・形成外科・美容外科)

 それにしても先月のMクリも半端なかったなあ…。(笑)

(それにしてもインフルエンザの患者さんが多かったせいもあってか開業19年目でもまだ前年同月比15%増かあ…。もっともそんなせいもあってか日々の「超熱血外来」後は息も絶え絶えでありますが…。(苦笑))

 

もっとも最近はさらにこんな宣伝広告を出しているせいもあってか?ほくろの除去を希望する患者さんが絶えません。

 
   
 
  クリックすると拡大画像でご覧頂けます。

 

数年前にもこんなブログ「ほくろや粉瘤や脂肪腫等でお悩みの方は是非Mクリにご相談くださいね!!…。」(神奈川県 横浜市 都筑区 形成外科 皮膚科 松井クリニック)を書いたこともあってか、

以前からMクリにはほくろの除去を希望する患者さんが絶えませんが、最近はさらに多くの患者さんが来院されます。
でも意外とほくろの除去って、全例健康保険が効かないと信じておられる患者さんも多いようでありますが、摘出手術の場合は健康保険が効くのです。
もちろんレーザー治療は全例保険は効きませんが、摘出手術の場合はすべて健康保険が効くのです。
もちろんそのほくろの色や大きさ、さらには形状によってレーザー治療か手術治療の適応がありますので、Mクリでは診察時にそれらの適応はもちろんのこと、その利点や欠点、さらにはコストについても真摯にお話致します。
でもその辺はよくありがちな、その辺のぼったくり美容外科や美容皮膚科と一緒にしないで欲しいです…。もちろんMクリでは負えないような美容施術に関してはこれまた真摯に腕のいい美容外科医をご紹介しますから…。(笑笑))
ほくろについては以前からMクリのオフィシャルサイトでも、

「ほくろとはメラノサイトと呼ばれる色素細胞とよく似た母斑細胞が、表皮と真皮の間や真皮の一部に増殖したものです。一般に黒あざの小さなものがほくろと呼ばれています。

ほくろは良性の腫瘍なので、がん化することはほとんどありません。しかしまれにほくろががん化することもあり、これをメラノーマ(悪性黒色腫)と呼んでいます。特に初期のメラノーマはほくろとの区別がつきにくく、専門医による診断が必要です。

具体的にはほくろだと思っていたものが「急に大きくなる、色にムラがある、形が左右非対称である、盛り上がる、境界がギザギザしている、辺縁部にしみ出しがある」場合は、メラノーマを疑って当院にご相談下さい。

ただほくろに限らず皮膚のできものはなんでも触ったりもんだりしていると大きくなったり、増悪しやすくなりますので、自分ではいじらないようにして下さい。

なお先天的なほくろや毛の生えているもののほうが悪性化しやすい傾向があるので、急に大きくなってきたり、一部が盛り上がってきたら、注意して下さい。また、日本人の足の裏にはメラノーマができやすいのですが、ほくろの状態に変化がなければ心配はありません。

以上のように良性腫瘍であるほくろは基本的には治療を要しませんが.それが目立ち気になる場合は取ったほうがよいでしょう。ほくろを取る方法にはメスで切除する方法とレーザーで焼く方法の2通りがあります。

切除手術とレーザー治療の大きな違いは前者は保険適応となることや組織の検査が可能なことです。後者は自費治療になりますが、非常に簡単できることや患者さんに対し恐怖心を抱かせないことなどどちらの方法も利点欠点があります。

当院ではどちらの方法でもほとんどきずが目立たないように行なうことができます。ほくろでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。」


などとアナウンスしておりますが、(さらに以前にはこんなブログほくろを取りたい!…。」(傷は私が綺麗に治しますから…。)でもご紹介しておりますが…。)
Mクリでは午前と午後の「超熱血外来」の間の昼休みの僅かな時間を使って、私超熱血ドクターM自身が誠心誠意レーザー治療に手術治療にあたっております。
(もちろん術後のアフターケアも私自身が行いますから…。これまたよくありがちな施術や手術とアフターケアでドクターが異なるなんてことは絶対にありませんから…。だって私超熱血ドクターMの診療不在日は一切ありませんから…。(笑笑笑)
そんな訳で今週もそんなほくろで悩む患者さんから、整形外科さらには内科、小児科、皮膚科、さらには耳鼻科や眼科の患者さんまで多くの新規の患者さんたちにも、さらにストイックにアドレナリンいっぱいで誠心誠意「超熱血診療」に励む超熱血ドクターMでした。
(顔のほくろはもちろんのこと、粉瘤や脂肪腫等の良性腫瘍の切除でお悩みの方、是非Mクリにご相談くださいね!!傷は私が綺麗に治しますから…。(笑笑笑笑))
IMG_8105-2.jpg

| 仕事 | 05:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matsui-clinic.jugem.jp/trackback/4397
トラックバック